お取り扱い店舗
メディア情報

製品で選ぶ

財布

小物

服飾雑貨

ブランドで選ぶ

革で選ぶ

タンポナートレザー
イタリア伝統の手染め牛革(ヌメ革)
パンチングレザー
革表面にパンチングを施した牛革
型押しレザー
革表面に型押しを施した牛革
バッファローレザー
革表面の表情豊かな水牛革
ブライドルレザー
ロウを染み込ませた英国製の馬具用牛革
ナチュラルスムースレザー
植物性タンニンなめしでシボなし革
ナチュラルシュリンクレザー
植物性タンニンなめしのシボあり革
コードバン
丈夫でとても貴重な馬尻革
カーフ
繊維質が緻密な生後6ヶ月未満の革
オイルドレザー
革の芯までオイルを染み込ませた革
ヤンピ
柔らかく手触りの良い羊革
アドバンレザー
2層に染め磨き上げた濃淡が美しい革
駱駝(らくだ)レザー
イタリアでなめしたラクダの起毛革
再生レザー
ドイツ製の牛革リサイクルレザー
その他
FAQ よくあるご質問
スマホ・携帯からもご利用いただけます。

…発送をお休みさせていただきます



いらっしゃいませ ゲスト様

TOP > 素材別 > カーフ

カーフレザー

キメが細かく、革表面のキズが少ないために革小物に使われることが多いレザーです。
カーフとは本来、生後6ヶ月以内の仔牛の革のことを指します。
人間の肌が大人より子供の方がキメ細かいのと同じで、カーフは成牛革に比べ非常に革表面が滑らかで美しく、キズも少ないのが特長です。
また牛革全般の特性として組織が緻密で体の部位による差が少ないという点からも皮革の最高素材とされています。ただし、実際には生後2年以内の中牛の革であるキップも含めてカーフと呼ばれることが海外では少なくありません。
特にアニリンカーフは、主に染料で染める仕上げのことです。
セミアニリンは、最初顔料で染め、フィニッシュに染料で仕上げた革で、革表面のムラの少ない革を指します。