いらっしゃいませ ゲスト様

TOP > タイプ別 > 服飾 > 帽子 > MA-1 フライトハンチング 【日本製】

MA-1 フライト ハンチング (帽子 ハンチング ハンチングキャップ キャップ MA-1 日本製 japan ORIHARA STYLE オリハラスタイル)/ ORIHARA STYLE―MA-1 フライト ハンチング

オリハラ スタイル ORIHARA STYLE
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製 MA-1を連想させる大人のカジュアルハンチング<
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製
ORIHARA STYLE
MA-1 フライトハンチング
米軍フライトジャケットMA−1を彷彿とさせるハンチングキャップ
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製 秋冬の定番ファッションアイテム
MA−1風のハンチング ミリタリーファッションの定番として、幅広い層の支持を受けているMA−1。 今回はその素材を使用してデザイナーの折原氏により、大人の男性がかぶって様になるデザインに仕上げています。頭のつばを長く、シルエットを深めにデザインされているため、キャップのようにスポッとかぶれ、ハンチングをかぶらない方にも受け入れやすいデザインになっています。また、MAー1ジャケットのように中綿を入れた生地のつなぎ目がアクセントになり帽子に表情を与えています。
秋冬の定番ファッションアイテムが帽子になって登場!
ミリタリーテイストが心をくすぐられます。
秋冬の定番と言えばミリタリースタイル。陸・海・空の中でもエリートとさせる空軍のフライトジャケットは憧れのアイテム。しかも、極限の条件下で隊員を守る様々な機能性がファッションとしても人気です。
中でも、MA−1のフライトジャケットは"永遠の定番アイテム"と言って過言ではなく、またアメリカンカジュアル(アメカジ)スタイルの入門アイテムと言っても良い。近年では、細みのMA−1が人気で、時代とともにファッションアイテムとして変化を遂げています。

今回の帽子は、MA−1素材を使ったフライトハンチングです。帽子デザイナーの折原氏がフライトジャケットと同様に生地をボンディングさせ、内部に中綿を入れ帽子を製作。まさにフライトジャケットのMA−1が帽子に再現された感じです。頭のつばを短く、深めのシルエットがキャップ感覚でかぶれ、ハンチングをかぶらない方にも受け入れやすいデザインになっています。
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製 アウターを同じMA−1で合わせることはもちろん、シャツやパーカー、Tシャツ、ジャケットスタイルまで幅広く合わせられます。
アウターを同じMA−1で合わせることはもちろん、シャツやパーカー、Tシャツ、
ジャケットスタイルまで幅広く合わせられます。
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製 MA-1(エムエーワン)とは、1950年代初頭にアメリカ空軍の戦闘機パイロットがコックピットで着用する際に開発されたナイロン素材のフライトジャケットのこと。狭い航空機の中でひっかかったりしないように、無駄な装飾がなく極めてシンプルにつくられているのが特徴です。
MA-1(エムエーワン)とは、1950年代初頭にアメリカ空軍の戦闘機パイロットがコックピットで着用する際に開発されたナイロン素材のフライトジャケットのこと。狭い航空機の中でひっかかったりしないように、無駄な装飾がなく極めてシンプルにつくられているのが特徴です。
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製 特長的な内側のオレンジ色は墜落した際に裏返して着ることで救出部隊に発見されやすいエマージェンシーカラーとして機能します。近年ではファッションアイテムの定番として万人に受け入れられ数あるフライトジャケットの中でメンズ、レディースともにトップクラスの人気を誇ります。

特長的な内側のオレンジ色は墜落した際に裏返して着ることで救出部隊に発見されやすい
エマージェンシーカラーとして機能します。近年ではファッションアイテムの定番として万人に受け入れられ数あるフライトジャケットの中でメンズ、レディースともにトップクラスの人気を誇ります。

ORIHARA STYLE 小島屋 武州正藍染 キャップ ra-or-h006 立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏 東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親の元で育ち、アパレルメーカー在籍時はデザイナー、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーとして活躍。その後、父親の内弟子となり、職人修行。2003年に自身の会社を立ち上げ、帽子の企画・製造を行う。アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子デザインも手がけ高い評価を得る。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で、絶妙なシルエットラインが特長です。現在は、デザイナー業務の傍ら帽子の講師として東京モード学園・文化服装学院・バンタンで、そのデザイン・製図等の技術指導も行っています。
素 材 〈表地〉ナイロン 100%
〈裏地〉ポリエステル100%
〈中綿〉アクリル100%
〈スベリ〉ポリエステル
サイズと重さ(約) 〈頭囲〉56〜60cm 重さ/85g
仕 様 外側左右金具でサイズ調整可
カラー 1色 (カーキ)
生産国 日本
シーズン 秋・冬
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製  サイズ
1サイズ/フリー
(約56cm〜60cmまで対応)
COLOR
オリハラ スタイル ORIHARA STYLE ra-or-h011 MA-1風ハンチング 日本製  カーキ
カーキ

アイテムイメージ

ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】 カーキORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】ORIHARA STYLE
ORIHARA STYLE MA-1風ハンチング 【日本製】
拡大 Prev Next

サイズと重さ(約)
〈頭囲〉56〜60cm  重さ/85g
素 材
〈表地〉ナイロン 100%
〈裏地〉ポリエステル100%
〈中綿〉アクリル100%
〈スベリ〉ポリエステル
仕 様
外側左右金具でサイズ調整可
生産国
日本
カラー
1色 (カーキ)
シーズン
秋・冬

◆秋冬の定番ファッションアイテムが帽子になって登場!ミリタリーテイストが心をくすぐられます
秋冬の定番と言えばミリタリースタイル。陸・海・空の中でもエリートとされる空軍のフライトジャケットは憧れのアイテム。 しかも、極限の条件下で隊員を守る様々な機能性がファッションとしても人気です。中でも、MA−1のフライトジャケットは"永遠の定番アイテム"と言って過言ではなく、またアメリカンカジュアル(アメカジ)スタイルの入門アイテムと言っても良い。 近年では、細みのMA−1が人気で、時代とともにファッションアイテムとして変化を遂げています。今回の帽子は、MA−1素材を使ったフライトハンチングです。帽子デザイナーの折原氏がフライトジャケットと同様に生地をボンディングさせ、内部に中綿を入れ帽子を製作。まさにフライトジャケットのMA−1が帽子に再現された感じです。頭のつばを短く、深めのシルエットがキャップ感覚でかぶれ、ハンチングをかぶらない方にも受け入れやすいデザインになっています。
◆立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏
東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育ちます。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企画開発に始まり、 デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになります。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社である 「ラプト・トゥーコンプレックス有限会社」を立ち上げます。」以降、自身のブランドを立ち上げ、帽子専門店を都内に出店。また、アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子のデザインも手掛け、その中で新しい形の「女優帽」が口コミでヒット商品となっています。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で、絶妙なシルエットラインが特長です。現在は、デザイナー業務の傍ら帽子の講師として東京モード学園・文化服装学院・バンタンで、そのデザイン・製図等の技術指導も行っています。

PC環境の違いによるご注意
商品画像はお客様のPC環境によって多少色などの見え方が違って見える場合もございます。

ORIHARA STYLE
MA-1 フライトハンチング 【日本製】

商品番号 RA-OR-H011

価格8,000円(消費税込:8,800円)

当店の価格はすべて税抜表示です。ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。
包装 発送時の包装方法を必ずご選択ください。
カラー  
カーキ ×

売切れです。

商品についてのお問い合わせ